作成者別アーカイブ: Administrator

議員がホノルルへ行く費用に反対!!

27年度予算には議員7名がホノルル市へ訪問する費用が予算組されてしまった!!

平成27年度茅ケ崎市一般会計予算につき、茅ヶ崎クラブとして反対しますのでその理由について討論いたします。
議会費のホノルル市交流事業費413万8千円については平成27年度、ホノルル市に9名の議員が派遣される費用も含まれています。先ほどの修正動議の提案理由でも申し上げたようにうち2人分は姉妹都市提携後の議長の公式行事への公務出席が見込まれる費用であり異論はございませんが、残り7人分については、7名の議員の選出方法が未定であります。

4年間で議員全員28名がホノルルへ 7名×4=28名

また、4年にわたり同様の予算を継続した場合、全議員28名がホノルル市を訪問することになります。以上7名分の訪問・視察については不明確な点があり、また、姉妹都市を締結したからと言って、議員が積極的に訪問・視察する理由もなく、他の手段により同様の結果を得ることが可能であり、7名がホノルルへ訪問する費用は削除すべきと判断いたします。

また、ホノルル市との姉妹都市の提携については、以前に会派として財政について一言申し上げて賛成しました。それは、制度を創設するまではお金がかかるということで当初から提携するまで約2000万円の市費が使われたが、姉妹都市提携後は市民に協力していただきながら市財政が厳しい折なので市費を使う事には慎重に進めていただきたいということでした。そのような立場からしても賛成することができません。

また、会派として要望し続けている茅ヶ崎市民文化会館の耐震補強工事は、27年度予算にも含まれておらず先送りとなっています。賛成することができませんので、議案第5号平成27年度茅ケ崎市一般会計予算には反対いたします。


市民の思いが実現!!

3月以降の茅ヶ崎ゴルフ場の事は皆さんの心配事でした。

先日、市議会で発表がありました。

茅ヶ崎ゴルフ場については、現在の運営会社の観光日本(株)を通して新たな運営会社が暫定的に4月から2年間、茅ヶ崎ゴルフ場の運営をします

会員の方や広域避難場所を守る会の方々が動いてくださった成果です。ひとまずほっとしています。

私も県に質問という形で県に抗議メールを送っていました。以下、抗議の質問状の一部です。

<質問4>

3月末には現在のゴルフ場運営会社が撤退するとされています。その間の管理が大変不安です。草がぼうぼうになると放火も心配です。また、近隣防犯対策とともに暴走族が管理者のいない緑地を暴走しないか等が懸念されます。どのように県民の安全を守るのかお答えいただきたいと思います。

県の回答<質問4の回答>

4月以降の維持管理方法については、現在、県、市、茅ヶ崎協同株式会社の三者で検討しています。

平成27年2月24日
松島 幹子様

神奈川県総務局財産経営部
財産経営課長 小島 泰

新たな運営会社とは、セブンイレブンのお弁当などを作っている大手食品会社です。茅ヶ崎ゴルフ場のグリーンを活かしてすでにノルディックウォーキングやヨガなどのゴルフ以外の取り組みも始まっています。食の取り組み、ゴルフ以外の方にも利用していただける取組みなども期待できると思います。

今でも午後4時以降でゴルフ場の中を歩いてみたいという方には対応しています。歩いてみたい方は、08088443112 松島みき子までお電話ください。連絡先をお伝えします!!

県の進めている未病、病気にならないように健康である事を支援する取り組み、ロボット特区を活かした介護予防や動作機能訓練など様々なことが期待できると思います。

子ども達が芝生を駆け回れる取り組みなども企画しているように聞いています。
良かった!!

茅ヶ崎から健康発信!!


中学校給食はすぐにでも実施すべき

子どもの貧困は6人に1人

平均的な所得の半分を下回る世帯で暮らす18歳未満の子どもの割合を示す「子供の貧困率」は、16.3%で過去最悪の数字です。子どもの6人に1人が貧困に苦しんでいる状況です。

誰もが安心して希望をもって生きる

政治で大切なことは格差の固定化である富も貧困も世襲されることを防ぐ政策、特に貧困の連鎖を断ち、機会の平等を実現していくことが誰もが安心して希望をもって生きることのできる社会だと思います。

  • 今必要なことは、政治がしっかり適切に所得の再分配を行うことができているか、原点に立ち戻って市政運営をしていく

  • しっかりとした教育投資をしていくこと

将来の格差是正、貧困の連鎖を断つことにつながります。

続きを読む


初めて700億円を超えた!!

将来の人口減少対策に逆行する市政運営

27年度一般会計予算は712億8000万円(前年度比約5・6%増)。
すでに人口減少の自治体も多い中、茅ケ崎市の人口は微増で平成32年までは微増が続くが、それ以降は減少が続くこととなっている。
平成32年以降は日本全体でも人口減少社会へと転換。
茅ヶ崎市の現在の人口は今年1月1日で約23万8千人。
2040年には約22万1千人となる予想。

総務省。人口減対策で、今年度から自治体の施設集約を財政支援する事を発表

公共施設には将来の人口減による市税収入の減少とともに人口減による公共施設の利用低迷、維持管理コスト問題もあるため財政支援で公共施設の集約を後押しすることで統廃合を促し、将来のコスト削減をするとしている。
将来の人口減へ備えて公共施設の総面積を徐々に減らして身の丈に合った財政運営をする自治体が多い中で茅ケ崎市は逆に公共施設を大幅に新設している。
その影響もあって予算は初めて一般会計で700億円を超え、借金である市債も増えている。

不安を感じる世の中の流れに逆行する市政運営

続きを読む


悔しかったこと

茅ケ崎市が藤沢市より多い市民一人当たり借金・・・服部市長は茅ヶ崎市が少ないと勘違い答弁

代表質問

代表質問

昨日は、市議会で代表質問をしました‼︎

茅ケ崎市、今の市長 服部さんは大きな自治体を目指しています。

大きな自治体か小さな自治体か?

政府が決めている中核市の要件が変わって、今までは人口30万人以上だったのが今度から人口が20万人以上でも中核市になれるようになるそうです。
続きを読む


「新しい風だより32」

新しい風だより32を駅頭などで配布中です。

茅ヶ崎ゴルフ場から

茅ヶ崎ゴルフ場から夕暮れ時に撮った写真です。
ゴルフ場には街頭がないため、夜は星がよく見えます。
ぼーっと星を見るにも最高の場所です。


ゴルフ場の今後の進め方について県への意見

県有地は公共のために使うべきで広域避難場所という公共性の最も高い、県民の命綱でもあります。それを事業者に譲渡または貸付をして歳入を増やそうとする行為は将来の災害時には取り返しのつかない事態になると思います。責任は重いと思います。
日本一とも言われる火災クラスター地域です。これ以上建物を建て、開発してはならないと思います。広い緑地の有効性は明白です。

茅ヶ崎ゴルフ場俯瞰図

仙台市では、震災の後、緑の丘のような海浜公園整備をしています。

続きを読む


「携帯などのリサイクルボックス」

市役所にて、デジカメと携帯電話のリサイクルボックスの場所を聞かれました。

リサイクルボックス

リサイクルボックス

回収対象品目

レアメタル等がリサイクルできるということで回収されています。

置いてある場所は
①仮設庁舎にあるエレベーターの前
②分庁舎5階 資源循環課 前です。

middle_1423185149

処分するときには燃えないゴミではなくて、リサイクルボックスへお願いいたします。

middle_1423185278

市役所以外では、公民館、地域のコミュニティーセンター等、23か所に回収ボックスがあります。ご協力お願いいたします。

詳しくは市のHP

 


茅ヶ崎市立病院の院内保育所

以前、茅ヶ崎市立ゴ病院の看護師さんだった方からお話しを聞く機会がありました。

子どもが生まれると近くに誰かいないと夜勤を続けることが難しい。そこで、日勤だけにしてほしいと言ったら、パートタイム勤務にと言われ、パートでも働きたいと思ったが、院内保育園は常勤の人のものなので保育されている子どもも出なくてはならないと言われた。夜勤はきついので泣く泣く看護師をやめた。できれば続けたかった。悔しかった。私と同じような理由で辞めていく人が何人もいた。誰かに聞いてほしかった。いま、聞いてもらって少しすっきりした。

と、聞きました。

2月2日は茅ヶ崎市立病院運営協議会でした。
テーマは平成27年度予算についてと中期経営計画の進捗状況についてでした。

続きを読む