月別アーカイブ: 2016年4月

茅ヶ崎ゴルフ場・・・熊本地震が早期に収まる事を祈って

熊本地震がまだ収まりません。私が学生時代の4年間を過ごした懐かしい場所が破壊されています。いつまでたっても「あと1週間程度は強い揺れに注意」と報道されています。早く、収まって一日も早く安心した生活をとり戻していただきたいと祈っています。私の家族も避難しています。自宅に戻ると先ずニュースを見ています。早く収まってほしいです。

私は、神奈川県で手術を受ける母を大分に連れに行き、地震に遭遇しました。

4月14日の夜、3.11の時と同じ大地震警報が夜中になり響き、飛び起きました。かなり揺れました。実家は古い家ですが、幸い実家では震度4程度で、家具もL字金具で固定していましたので被害はなかったです。

翌日15日は前日よりもひどく揺れ、夜中に何度も飛び起きました。震源が浅いためか大地震警報が鳴ると同時か鳴る前に揺れることもありました。                           4月16日、大分空港から茅ヶ崎へ戻って来ることができました。                  4月17日、母は予定通りに入院することができました。

16日の茅ヶ崎に戻ってきた日の夜は、寝付けませんでした。前日に何度も警報で飛び起きたことがトラウマとなりました。私はたったの2晩だけでしたが本当に疲れました。現地の方は、いまだに収まらない地震にどんなにお疲れの事かと思います。早く収まるように祈っています。

茅ヶ崎ゴルフ場「オリンピックの宿泊施設」「ホテル」の建設は危険!!

いま熊本市では公園や大型スーパーの駐車場など広い場所がすべて車の駐車スペースになっていて家の中で生活するのは危険なので車に乗って避難している方々の車であふれているそうです。スーパーに買い物へ行っても避難している方々の車でいっぱいで駐車スペースがなく、車を止めるだけで3時間もかかったと熊本市内の友人から聞きました。こんなに何度も揺れるとたとえ家が壊れていなくても家の中では眠れないでしょう。昨夜のテレビでは「なんども大地震に揺らされると耐震補強していても役に立たない。」と専門家が言ってました。

広いスペースは災害の時にも貴重

もしも、茅ヶ崎市で大地震が来たら、広いスペースは特に南側のゴルフ場周辺では茅ヶ崎ゴルフ場以外にはありません。津波の心配が無くなればみんながゴルフ場に集まり、今でもスペースが足りないでしょう。もしも、茅ヶ崎ゴルフ場に高層のホテルがあって宿泊客がいたら、その宿泊客も外のスペースに避難するでしょう。スペースは今でも足りないのに、全く足りなくなり大変な状況になると思います。ぞっとします。ホテルなどの宿泊施設は作るべきではありません。

火災は必ず起こる

熊本地震でも火災がありましたが、いち早く消火していますね。茅ヶ崎だったら1軒で消火できることはまずないだろう、大変なことになると映像を見ながら思いました。熊本では道幅が広く、隣同士には樹木があったりして消火が早いと感じました。茅ヶ崎の南側、ゴルフ場周辺は県が指定した火災クラスター地域、ひとたび炎が上がれば道幅も狭く、倒れた家などに阻まれて消火活動ができなければ風の状況によっては約19000棟以上が焼失すると想定されています。

広いスペースは命綱。火災クラスター地域でこれ以上、人口密度を増やす政策は危険です。

6月議会の一般質問では再度、茅ヶ崎ゴルフ場の利活用問題を取り上げます。ご意見をよろしくお願いいたします。市にメールしていただくのは大きな力となります。よろしくお願いいたします。

 


皆様のお声のお力で議員ホノルル予算、執行されず!!

さて、今日から4月。新年度です。

昨日のブログには皆様への感謝を書くべきだったと反省しました。

議員が7名ほどが27年度にホノルルへ行く予算がついていましたが執行されませんでした。これは市民の皆様のお声のおかげが大きいと思います。ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。議員一人で発言しても政治は変わりませんが、皆様のお力をお借りすれば変えることができます。

12733965_971067556307522_7395590961262002311_n

市民の皆様からのホノルルについての苦情は今までで最多でした。

選挙や説明会以外にも市政へ意見を反映させることはできます。「どうせ言ってもダメでしょ!!」と言われることもありますが、そんなことはありません。

また、様々な説明会等に参加できなくても意見を反映させることはできます。もちろん、ネットでつぶやくことも大きな力になったと思います。

一般的には、様々なご意見やご要望、苦情は、
市のホームページ→各課のページ→メールで発信することができます。
「市にメールをしても、宛名の漢字が間違った定型文の封書が返ってくるだけで、税金の無駄なのでやめましょう。」というご意見をいただいたこともありましたが、市では、メール、電話、手紙、ご来庁などでいただいたご意見は日にちごとに集計して四半期分ずつの冊子にしています。四半期毎にまとめらて年月日、受付区分として電話かメールか来庁かなどの記載、その内容と対応状況、対応完了日、合計件数がまとめられています。議会にも配布されており、議会で発言するときに「○○のご意見が○○件もありました」等とエビデンスとして議会では大きな力となります。それ以外にも例えば、航空機の騒音については「うるさいというご意見が○○件ありました。」と国や県と茅ヶ崎市が交渉するときのおおきな力となっています。

今後ともよろしくお願いいたします。