茅ヶ崎ゴルフ場のその後の動き

昨日は10月に出した平成27年度予算要望の回答をいただくために市長室で市長、副市長、部長たちと面談しました。山崎企画部長は欠席でした。ゴルフ場のその後の状況について聞きました。

現時点での事業提案は収支計画など必要ない

以下は1/19の議会で説明された資料です。
全文はこちら

3 今後の想定スケジュール
平成27年1月下旬 事業アイデア提案募集の開始(公表) 4月上旬 応募締切
4~5月 提案内容の協議、利活用の方向性の決定
6月~9月頃 土地利用に関する基本方針の策定
10月以降 公募プロポーザル方式による事業者の募集開始
平成28年度~ 都市計画等に関する手続き
平成30年度~ 造成、建築工事

松島みき子「事業提案をするためには収支計画などをやらないとできないと思うが、土地の賃貸料などの条件の細かい情報提供はいつやるのか?」

市長「収支計画などは必要ない。どんな街になったらよいかと自由に提案してもらう。」

松島みき子「提案は市民はできない。事業者からしか出来ない。事業者がやるのであれば当然、収支計画など採算の取れるものでなければ提案しないと思う。こうなったらいいな~という夢のような話で良いのか?」

市長「広く提案をもとめたい。」

松島みき子「もし、仮に前々から情報を知っていて計画している事業者があったとしたら最初のスタートから有利になり、公平ではないとおもうがいかがか?」

市長「仮に・・・・の話をしても意味がない。」

私「市民には提案することができないが、夢のような話でも事業者に話して提案すればできるのか?」

市長、副市長、うなづいておられました。

県が茅ヶ崎ゴルフ場の活用についてのアイデア募集を始めました。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f531941/

仙台市では、津波被害を軽減するために緑の丘のような公園を作っています。茅ヶ崎ゴルフ場のような緑です。茅ヶ崎ゴルフ場が開発されると山あり谷ありの地形を平にするので津波の被害想定も変わると聞きました。いまの緑を残すプランを条件としてほしいと思います。