タグ別アーカイブ: 市役所建て替え

茅ヶ崎市民会館の耐震補強工事はしないまま~

昨日、平成27年第4回定例会の最終日でした。

1億3125万円をかけて作成した設計図、使わないまま・・・・

5年以上が経過しています。茅ヶ崎市民文化会館の事です。

5年たった設計図の見直しに720万円⇐本来必要がなかった!!

討論して賛成しました。⤵

議案第103号平成27年度茅ヶ崎市一般会計補正予算に含まれる市民文化会館関係経費720万円にいては本来、必要がなかったものです。

続きを読む


市役所建て替え中

市議会で反対してきた市役所建て替えですが、進んでいます。約70%完成しており、本体の引き渡しは11/20.その後、現在の分庁舎と渡り廊下でつないで2/15に完成して引き渡しとなるそうです。

<茅ヶ崎市市役所建て替えの経緯覚書>

  • 茅ヶ崎市役所建て替えは、、平成25年10月22日に市役所建て替えの総合評価方式による一般競争入札が行われ入札価格で税抜き2億7千万円高い、入札価格では2位の戸田建設・亀井工業特定建設工事共同企業体が税込 70億9560万円、予定価格に対する落札率は98.72%で落札者となった。
  • 平成25年11月7日に仮契約が結ばれ、11/27からの市議会で議案第89号として審議され反対少数で可決されたことにより工事が始まった。
  • 「茅ヶ崎市役所新庁舎建設工事落札者決定方法及び落札基準」は、総務費の中の政策研究調査事業費の中の 報償費 総合評価方式評価基準アドバイザー謝礼として6/5 730 の2回、1回2万円で計4万円が浜銀総合研究所に支払われ、新庁舎工事を総合評価方式で発注をするための評価項目の妥当性について指導助言を得て9月にこの落札基準を作り、10月22日に落札者を決定した。
  • 平成25年第3回茅ケ崎市議会で消費税増税と労務単価の上昇を理由に市役所建て替えの補正予算が継続費合計額として7億6176万2000円が追加された。
  • 戸田建設・亀井工業特定建設工事共同企業体
    65億7千万円(対予定価格98.72%)
    2位  大成建設株式会社 横浜支店
    63億円  (対予定価格94.67%)と大成建設株式会社の方が2億7千万円安かったが、総合評価方式による加算点により品質管理能力において1.5点、市内建築業者の活用方針についてで6.6点の加算点の差があり、入札価格では2位の戸田建設・亀井工業特定建設工事共同企業体が落札者となった。