議員がホノルルへ行く費用に反対!!

27年度予算には議員7名がホノルル市へ訪問する費用が予算組されてしまった!!

平成27年度茅ケ崎市一般会計予算につき、茅ヶ崎クラブとして反対しますのでその理由について討論いたします。
議会費のホノルル市交流事業費413万8千円については平成27年度、ホノルル市に9名の議員が派遣される費用も含まれています。先ほどの修正動議の提案理由でも申し上げたようにうち2人分は姉妹都市提携後の議長の公式行事への公務出席が見込まれる費用であり異論はございませんが、残り7人分については、7名の議員の選出方法が未定であります。

4年間で議員全員28名がホノルルへ 7名×4=28名

また、4年にわたり同様の予算を継続した場合、全議員28名がホノルル市を訪問することになります。以上7名分の訪問・視察については不明確な点があり、また、姉妹都市を締結したからと言って、議員が積極的に訪問・視察する理由もなく、他の手段により同様の結果を得ることが可能であり、7名がホノルルへ訪問する費用は削除すべきと判断いたします。

また、ホノルル市との姉妹都市の提携については、以前に会派として財政について一言申し上げて賛成しました。それは、制度を創設するまではお金がかかるということで当初から提携するまで約2000万円の市費が使われたが、姉妹都市提携後は市民に協力していただきながら市財政が厳しい折なので市費を使う事には慎重に進めていただきたいということでした。そのような立場からしても賛成することができません。

また、会派として要望し続けている茅ヶ崎市民文化会館の耐震補強工事は、27年度予算にも含まれておらず先送りとなっています。賛成することができませんので、議案第5号平成27年度茅ケ崎市一般会計予算には反対いたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。