投稿者「松島 みき子」のアーカイブ

これから改修!!温熱治療院@宇佐 現場写真

宇佐市大字赤尾133番地。
国東半島宇佐地域に赤尾の家はある。この地域の豊かな農林産物と生態系をもたらすクヌギ林とため池による循環型農林業は、世界農業遺産に認定されている。赤尾にはそのすべてがある。
赤尾の家は旧国道沿いにあり、以前は宇佐神宮へと続く勅使街道であった。この家は庄屋の家だった。明治20年の米騒動の焼き討ちで母屋は焼失したため建てなおしたので母屋は築約130年。
勅使街道に面している門。門や塀、蔵、庭は、米騒動の焼き討ちに遭う以前のものではないかと言われている。
遠くに八面山などの山並みが見える。赤尾には山と多くのため池がある。赤尾の家は左手の緑の中にある。山手から上赤尾、中赤尾、北赤尾となるが赤尾の家は一番北の北赤尾にある。
門を入ると石畳があり、右手に蔵、奥に母屋、通路を挟んで母屋の横は、農作業小屋、その奥には畑、離れの家がある。
のソテツは売主が子どもの頃に樹齢450年をと聞いたそうである。
母屋の前庭を塀の外から撮影した。この土塀は焼き討ちに遭う以前の江戸時代末期頃のものだろうと地元の方から聞いている。
母屋全景。母屋の半分大は明治20年建築だと思われるが、玄関、台所、浴室、洋室は近年になって改装されている。
門から入って玄関へ続く石畳
母屋内部。南側から北側の中庭に向けて撮影した。中庭は池がある。池や灯篭を挟んで離れの家がある。母屋前の庭、中庭と両方とも次々と季節ごとに途切れることがなく花や紅葉、実などが楽しめる庭であると聞いている。
母屋から中庭と離れの家を臨む。手前に池がある。実生の木が生い茂り見通しが悪くなっており現在手入れをしているが手前の中庭は当面そのままで保存する予定。
池はから池となっているが、繋がっている左右大小の池があり、心字池。仕切って鯉と金魚などを飼っていたと売主より聞いた。
向かって右側の池の方が小さい。中央に渡れる石橋がある。
池右側。中庭の池の周りにも灯篭が配置されている。左右の池の中心は渡れるようになっている。
撮影した母屋北側の窓。
中庭と離れの家。
土塀と勅使街道。地名は大字赤尾字笠松。この街道沿いには大きな松が沢山あったが、松くい虫の被害で消失したと聞いた。
この家は「観月亭」という名前で呼ばれ、句会が催されていたと聞く。鏝絵は水と魚を表しており火除けの意味でもあるらしい。池に映る月を観ながら俳句を詠んでいたのかもしれない。
現在の勅使街道。旧国道10号線。江戸時代は代官所や饅頭屋、明治時代は病院などが建ち並ぶ繁華街だった。右手の白いマンションの反対側は国道10号線でありアクセスの良い場所である。
門を入ってすぐ右側にある蔵。江戸時代、年貢として納められた米はまずこの蔵に集められたという。明治時代、最初の小学校はこの蔵だったと聞いている。
敷地内、玄関から撮影した蔵。出入口は1枚の板引き戸で大きく開口することができる。蔵の地積は79.33㎡となっている。
勅使街道増から見た蔵。外壁は補強するために木の上からトタンで覆っている。
裏手の伊呂波川の支流沿いにあった笠松稲荷の祠。地区の方の願いで最近、敷地の一角に移設された。繁華街だった頃はお参りされていたというが、木が生い茂りお参りできなくなっていた。
おそらく当時は表通りは繁華街だったために設置場所がなく裏の伊呂波川沿いに設置されていたのではないかと推測されている。後ろは蔵。
笠松稲荷が設置されていた伊呂波川の支流。この場所で急に狭くなっているが屋敷裏に接する部分は川幅が広いため屋敷の土が流失するので今年度、築堤補強工事が行われる予定と聞いている。
伊呂波川上流。川幅が変わっている場所。左手奥は屋敷裏となる。受け継いだクヌギ林は伊呂波川の支流を挟んで繋がっている。
江戸時代からある土管。塀の外ではあるが敷地境界となるので動かすべからずと伝え聞いている。
クヌギ林のすぐ向こう側には伊呂波川がある。クヌギ林から見た伊呂波川。
江戸時代からある蔵。勅使街道、南東から外観を撮影した。補強のためか防犯のためかトタンを巻いている。2階の窓はトタンでつぶされている。
南から撮影。お稲荷さんを移設するために土塀は崩さず、石塀を出入口部分のみを崩して設置した。蔵は昭和の時代には精米所として使われていたと聞いている。
蔵を北西から撮影した。手前左に後付された倉庫があるが、後付された倉庫を現在撤去中。
蔵にくつっけてある後付の倉庫を東から撮影した。左に見えている瓦屋根が蔵。トタンの後付された倉庫のみ撤去中。緑が茂っているあたりまでが敷地である。
蔵内部は手前に2部屋のような感じで奥が一段高く1部屋のようになっている。左奥に階段があり2階へ続いている。入ってすぐの所。様々な物が残されている。
入って右側の部屋。
蔵に入った正面
入った奥に2階へ続く階段がある。
蔵内部から撮影した。写真左の大きな引き戸は原始的な鍵がかかるようになっている。写真上は大なな引き戸向こうの入ってすぐの場所を撮影した。
内部から入り口に向かって撮影。
内部から蔵入口に入って左の部屋を撮影した。撮影した場所の方が一段高くなっている。写真左も同様である。
蔵内部から南側のお稲荷さんを撮影した。
蔵内部から窓を撮影した。外側には鉄格子がついている。
蔵の階段から2階部分を撮影した。
蔵2階には大きな長持ちが一つ残されている。
二階。窓が昔のままで昔の擦りガラスは貴重だと思われる。
蔵2階内部を南に向けて撮影した。南側に窓がある。2階東にも窓があるように聞いたが防犯のためトタンで外部を包んでふさいだと売主から聞いたように思う。
前庭にある「片峰椿水翁之墓」と書かれた句碑。墓ではないが嫌だったら撤去すると売主に言われたが謂れがあるものだと聞いたのでそのまま残している。
前庭にはその他にも石、灯篭、樹齢450年のソテツなどがある。前庭の写真を数枚撮影した。歴史が感じられる庭である。
裏門と離れの家。木の門は使われておらずブロックや有刺鉄線で閉じられている。この離れの家はボロボロなので現在撤去中。用水路が手前にある。
離れの家の閉じられた門。門に続いている部屋は床の間がある和室2部屋が土間に続いてあるが土台は残っているものの危険なので撤去し中庭と共に整理する工事が進行している。
上2枚は裏門を出て敷地を撮影した。敷地は垣根で囲まれている。奥から雑木林へと繋がっている。川の支流をわたり下2枚の雑木林から道路へ出ることができる。
草木が生い茂り近寄ることができない為、敷地内部(公図ピンク部分)の北側に道を作り庭奥の臥龍梅は残しつつも畑を整地する工事を行っている。池の周りの灯篭がある辺りは保存する。
家の生活水はボーリングであるが、中庭を整理していたら古い井戸が見つかった。このまま残し修復したいと考えているが、今までトタン板で閉じられていたので荒神様を祀る神事をした。
今年1月の雑木林と現在の雑木林入口写真を数枚載せた。公図では黄色部分である。将来的には中に散策路をと考えている。ホタルやカブト虫がいると聞いている。

写真正面奥がクヌギ林。右の垣根の奥が畑や中庭、蔵がある母屋の敷地であり、この垣根は敷地の北端である。正面のこの田も売主のものだったが購入しなかった。この田では美味しい赤尾米が作られている。粘土質の土地の開墾、用水路やため池を作る重労働でこの地域の先祖は大変苦労したそうである。さらに赤尾米は特に美味しいので需要が高いために結果的に税金としての米の取り立ての厳しさにつながり米騒動、焼き討ち事件へと発展する一因にもなったのだろうと感じる。今は先人のおかげで豊かに暮らす地域である。

昨年の夏、この家に出会い、この家に引き寄せられるように今年の1月に移住した。
宇佐市は山、ため池、クヌギ林、川、海と農林水産物に恵まれた豊の国である。お金では買えない豊かな自然と豊かな食材がある。昔の良いもの、丁寧な暮らし方を大切に農泊などを行いながら、次世代に引き継ぐまで少しずつでも良いものにして参りたい。
         2019年6月 松島 幹子


松島みき子温熱療法庵@茅ヶ崎開業記念講演会盛況で終了

台風の影響で大変な天候の中、多数のお越しをいただきありがとうございました。愛に始まりコツコツと亀のようにゆっくりでも歩みを止めずに努力して、110歳まで皆様とともに元気に生きてまいります。気持ちだけの軽食を御用意しました。やっぱり唐揚げ発祥の地 宇佐から参りましたので宇佐唐揚げと宇佐市のお米のサラダ巻、奈良漬などです。
皆様とともに講演を聞くことが出来、意見交換もできて嬉しかったです。お忙しい中、講演だけでもと起こしくださった方々も本当にありがとうございました。
#温熱療法

温熱療法庵@茅ヶ崎2階 突然の雨の中20名の方々と

近藤秀一先生のお話から

  • 繰り返し繰り返し反復するとあるときはじめて効果が出てくる。
  • なんでも人間、愛から始めなくてはだめ。○○さんが喜んでくれる等。
  • 「なりたい」ではなくて「なっている姿を思い浮かべる」そうすると自分の体の細胞が働く。・・・自分が健康だと思っていないと細胞や神経は働かない。こういう風になっていると思う。

110歳まで元気に楽しく皆様とともに生きます。

100歳までと思っていましたが、近藤先生の講演で10歳伸びました。

2018年9月15日時点の住民基本台帳に基づく100歳以上の高齢者の数は6万9785人 。100歳は珍しくなくなっている。今の時代は110歳まで健康に生きることができる時代とのお話もありました。

温熱療法と食事と呼吸法で健康な生活、病気予防

キノコは生えるところには生えるけれど生えない環境では生えない。病気にならない、なっても自分で治す身体=自然治癒力の高い身体作りが大切。温熱療法を月に1回か2回続けることで骨髄液、リンパ液、内臓などの活動を活性化させて元気に過ごし疲れにくい体を維持しているという近藤先生の体験談もお話いただきました。

呼吸法も大切で「1吸ったら2吐く」これだけを意識するだけでも自律神経の働きがよくなってくるというお話もありました。

92ページの冊子。温熱療法の内容や体験談、この療法との出会いなどが書かれています。定価千円。

出番を待つ宇佐仕込みのから揚げとレタス巻
宇佐で作った奈良漬けも出番待ち。

うれしい言葉「人が作ってくれたお料理、ほっとする」

「介護で忙しい毎日。買ってきたものではなくて人が自分のために作ってくれた料理はほっとする。」と言ってくださったのはとてもうれしかったのです。お金を出せば何でも食べられる時代ですが手作りの心を大切に料理でも身近な方々にほっとしていただけるよう活動を続けます。

生命力のある月桂樹を活けてみました。庭には月桂樹、柳、オリーブの木は切っても切っても伸びてお手入れが大変です。

約20年前に雑誌に掲載された温熱療法庵@茅ヶ崎の外観。年月が経ち今は人も家もそれなりに熟成されています。

ご予約をお待ちしています。

温熱療法庵@茅ヶ崎 開業日程

  • 8月16日(金曜)~8月 19日(月曜)
  • 9月19日(木曜)~9月28日(土曜)
  • 10月19(土曜)~10月28日(月曜)

1回5000円 施術時間は約30分です。

予約先 松島幹子携帯08088443112 mikiko.matsushima@gmail.com


松島みき子温熱療法庵 開業記念講演会@茅ヶ崎

近藤秀一先生をお迎えします!!

2019年8月15日 13時半~ 松島みき子 茅ヶ崎自宅で開催します。参加費無料。

近藤秀一先生は岐阜県在住の税理士さんで、温熱療法とともに税理士事務所も経営されています。ご著書によると温熱療法を初めて38年になられると思います。日本温熱療法協会会長で私の師匠です。温熱療法との出会いやご体験などをお話しくださる予定です。温熱療法にご興味のある方はお気軽にお越しください。

茅ヶ崎自宅(茅ヶ崎市浜須賀9-7 ℡0467-26-0012)までは東京駅から東海道線で約50分。最寄駅は辻堂駅です。辻堂駅南口から平和学園前までバスで約10分(直通7分、回り込むバスだと15分)です。また、鉄砲道沿いの富士スーパーからは歩いて5分くらいです。

はく製の亀はかわいそうですが、巡り巡って私のところにも。。。

近藤先生の温熱療法の部屋にはたくさんの亀が居ました。近藤先生と亀との出会いはとても面白いお話です。私も不思議なことに近藤先生に出会ってからはく製の亀に出会い、私のもとにもはく製の亀が来ました。

手前2匹が私がお連れした亀です。奥の亀は先生が出会ったとても大きな亀です。

はく製の亀は昔は装飾品として人気があったそうですが、現在ではワシントン条約によって取引が禁止されています。あるところで「松島さん、はく製の亀2匹、どなたかもらってくださる方はおられませんか?変なところへ連れて行かれるのは困るけれど、廃棄処分にするのもかわいそう・・・」とお話しがあり、近藤先生のところへその亀を連れて行きました。近藤先生は、熱田神宮の参道で池から出て迷っている亀に出会ってから巨大なはく製の亀とのご縁があり、その後は私のように温熱療法へ来る人が時々亀を連れてくるので、近藤先生のところへは亀が集まってきたそうです。私も不思議なことに亀を連れて行きました。しかも夫と2人で亀2匹と言うのも不思議なご縁です。

その次に出会った亀のはく製。私のもとに来てくれた亀。

亀がお好きですか?お連れいただけませんか?

小さな黒曜石の親子亀。黒曜石には困難に立ち向かい人を前向きにするパワーがあるそうです。不安な気持ちを浄化するパワーもあるそうです。

骨董屋さんで小さな黒曜石の亀を見つけて、近藤先生から聞いたお話を思い出して見ていたら「亀、お好きですか?お好きでしたらこの子もお連れいただけませんか?」と言われて連れてきたのが今のはく製の亀です。

人との出会いも不思議ですが、物や生き物との出会いも不思議ですね。

私のもとにも亀が来てくれて、私も温熱療法をすることとなりました。

8月15日、終戦記念日で九州ではお盆の最終日、送り盆の日ですが、茅ヶ崎で近藤先生をお招きして開業記念講演会を行いますので、温熱療法についてご興味のある方はお気軽にお越しください。

用意の都合がありますので、ご予約をメールか電話でご予約ください。よろしくお願いいたします。

メール mikiko.matsushima@gmail.com

℡ 080-8844-3112

温熱療法@茅ヶ崎

この温熱療法では味噌と共にもぐさを大量に焚きながら行います。部屋中にもぐさの煙が充満します。とても良い香りで殺菌作用もあるそうですが、都内ではなかなかできる場所がないとの事です。茅ヶ崎は東京駅からのアクセスも良いので東京からもお気軽にお越しいただくことができます。都内からのお越しもお待ちしています。温熱療法と共に海へのお散歩もできる場所です。

茅ヶ崎市浜須賀のご案内

浜須賀の家からすぐに近くに茅ヶ崎ゴルフ場があり、ゴルフ場の7番ホール前を突き抜けて海に出る市道があります。ここを抜けて徒歩で海まで出ることができます。134号線を渡って行きますが10分ぐらいです。

市道から見た茅ヶ崎ゴルフ場。晴れた日にはこの真正面に富士山が見えます。
江の島が見えます。江の島までサイクリングロードが続いています。江の島までは7キロくらいです。「浜辺の歌」はこの辺りの浜辺の記憶からつくられたと言われています。

おかげさまで

脳梗塞を起こして一時は歩けなかった母は人工関節手術のおかげもあり歩けるようになり回復しました。お盆は兄弟が帰省するので私も安心して茅ヶ崎へ出かけることができます。

皆様とお会いできるのを楽しみにしています。


暑くても冷える方

昨日は乳がんで片方を切除された方がお越しになりました。熱い日が続きますが、クーラーは苦手。体が冷えるので毎日、温泉で源泉近くの温度が高い場所で遅い時間に温めるそうです。遅い時間は人がいないので源泉近い場所を確保することができるそうです。

気持ちが良い~。温泉でもこんなに暖まらないよ。

味噌を使っているのでじわじわと内部に温度が入っていきます。「熱い!!」と言うまで器具をあてます。「熱い!!」という時間は人それぞれだという事が昨日良くわかりました。辛抱強い方が昨日は御2人。「熱くないのですか?」と聞いたら、「治療だから少しは我慢しなきゃ。」とのことでした。まだまだ駆け出しの私としては火傷しないかなぁ~と気になります。そーっと離してみたりしていました。皆さん、気持ちが良いとおっしゃってくださり、もちろん火傷もなしです。温熱療法はあとも残りませんので、お帰りには温泉に行くとおっしゃる方が多いですね。土地柄です。

続きを読む

松島みき子温熱療法庵に初めてお客様がいらっしゃいました!!

夜中のトイレに行かなかった。「調子が良かった」と言われてうれしい!!

2019年7月23日、家族以外の初めてのお客様でした。宇佐市の松島みき子温熱療法庵です。

「前立腺肥大があって、夜中に2、3回トイレへ行く。」とのことでした。

「熱い!熱い。それに熱いというのがめんどくさい。」とのことで、こちらも遠慮しがちに、しかし、なんとかお役に立ちたいと思って、しっかり施術しました。

今朝、電話があって「調子が良かった。トイレには1回も行かなかった。また、やってほしい。」とお電話をいただきました。

温熱療法では、「『熱い。』と言わせなくては施術効果は無い。熱いと言わせるのがポイント」と教わっていました。しかし、この方は「熱いと言うのが面倒だ。」とおっしゃっていたので温熱療法には向いてない方かもしれないと思っていましたので、大変うれしかったです。近藤先生からご教授いただいたツボにしっかりあたってご体調が良くなってよかったです。


温熱療法師として活動を始めました!!

温熱療法協会会長で師匠の近藤秀一先生と

人生100年。100歳まで元気に!!

家族の病気をきっかけに昨年から背骨温熱療法を学び、このたび「松島みき子温熱療法庵」を開業することとなりました。これから後半の人生は、「食」「温熱療法」で健康づくりのお手伝いをしながら皆様と共に元気な100歳を目指してまいります。

奇跡の背骨温熱健康法とは

この背骨温熱健康法は、平成5年に100歳までお元気だった阿久津武男先生によって考案され、約85年の歴史がある民間療法です。阿久津武男先生は、2000年前のお釈迦様が背骨を温める健康法や呼吸法等によって平均寿命が40~50歳の時代に80歳まで長生きした事が記された文献を基にこの背骨温熱療法を考案され約85年の歴史と実績があります。

続きを読む