「ホノルルで無駄に使われている私たちの税金について」

IMG_0786松島みき子、本日の街頭演説のテーマでした。

昨年、茅ケ崎市がホノルル市と姉妹都市提携を結んだことをご存知ですか

松島みき子はホノルル出張について調査しました。
16か月間で延べ61人、延べ日数361日も私たちの税金でホノルル出張しています。
そしてすでに約2600万が使われています。

どうしてこんなにホノルルとの姉妹都市に力を入れるのか、松島みき子には理解できません。

すでに支出されている2600万円については、松島みき子は問題があると思っています。

たとえば、ホノルルでの交通費は運転手付きの車1日10万円9日分で90万円も支出されています。
ホノルルでリムジンを借りたとしても1日10万円もかからないとのご意見も来ています。

一方、ホノルル市長が茅ケ崎市へいらしたときには茅ケ崎市の公用車、私たちの税金でお迎えし、羽田空港までお送りしています。
これでは対等な関係の姉妹都市とは言えないのではないでしょうか
このような茅ヶ崎市側のみが一方的に費用負担をすることは問題です。

さらに松島みき子は反対しましたが、27年度は約1800万円のホノルル関係予算が可決されました。 その内訳の中には、 
7名の議員がホノルルへ訪問する予算が含まれています。
議員の任期は4年、議員数は28名ですので28÷4=7なので、
4年にわたり同様の予算を継続した場合、全議員28名がホノルル市を訪問することになります。
ゆかりのまち 岡崎市へは自費で行っています。どうして、ホノルルだけが税金なのでしょうか。

そのような税金の無駄な使い方はやめて、少しでも市民サービスを良くすることに使うべきではないでしょうか。

たとえば、小児医療費の補助年齢をアップするとか、高齢者福祉無料バスの実施、子育て支援の充実としてたとえば1回だけの赤ちゃん訪問を他市のように数回行けるようにする等の市民サービスの充実に使うべきだと思います。

選挙は、皆様に茅ケ崎市の今の問題を知っていただく良いチャンスでもあると思っています。

明るい市政をとり戻そう!!を実現したい松島みき子です。
明日もほかのテーマで街頭演説を頑張ります。

お会いできます事を!!
お読みいただき、ありがとうございます。

「「ホノルルで無駄に使われている私たちの税金について」」への4件の返信

荏原 暢さま
ご質問、ありがとうございます。
もしも、議員が7名ホノルルへ皆様の税金で行ったなら、市民から住民監査請求が出て住民訴訟になり、返還命令が出ることは目に見えるようです。
行くべきではありません。行くなら自費で行くべきです。
自費で行きたいと思います。

先生のお考えを支持します。
しかし、監査委員が岸高明先生でなくなると、住民監査自体まともに行われなくなる気がするのですが。
上のコメントの「訴訟」というのは、監査も期待できないから住民訴訟に期待するしかないということですか?

浜竹住人さま
コメント、ありがとうございます。
住民監査請求⇒住民訴訟の詳しいことはネット検索ですぐに出てきますが、www.soumu.go.jp/main_content/000071219.pdf
上記はわかりやすく書いています。
監査委員は、議会の承認を経て市長が任命するので、市長の思いと市民の思いが違っている場合は、住民監査請求をしても市民の思うようにはならないことが多いので、裁判所へ訴えることになる場合が多いのです。

今回のホノルルの件は、議会でもほとんどの議員が賛成ですから、監査請求しても公金の返還命令となるにはなかなか難しいだろう⇒そうなると、結果がわかった日から30日以内に裁判所へ監査請求をした市民が訴える⇒裁判所が認めて、不当利得の返還命令が出る事になるだろうと私は思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です