株主は社会を変える1つの方法

某企業の株主総会へ行ってきました。株を買うのは資産をつくる為というイメージが大きかったのですが、株主になって株主総会で意見を述べることは社会を変えることにつながると感じました。

世相を反映している質問が出ました。

労務管理をきちんとしていただきたい

昨年は、他社で新入社員が過労自殺した痛ましい事件が起こった。社会問題になった。たとえ1人でもこのような事件が起これば企業のイメージダウンは避けられず、株価に影響が出るだろう。労務管理は企業にとっては大きなリスクである。部下に任せるのではなく社長自らがきちんと把握してリスク管理をしていただきたいがいかがか?➡➊残業時間が少ないのに売上が多い等、サービス残業がないかを財務でチェックしている。➋内部監査室と広報IR室は社長直轄であり、年2回の抜き打ちチェック等、こちらでもチェックしている。➊➋をしているが今後も念には念をいれてチェックしていく。

女性の取締役が1人もいないのは企業の弱点である。改善していただきたい

現在、適任者を探している。早急に改善したい。➡来年は改善されるでしょう。改善されなければ動議が出る可能性もあると思います。

ビッグデータの活用無しでは成長できない

私たちのデータがどのように活用されているのか垣間見ることができ、茅ヶ崎市で進められている「道の駅」についてもしっかりデータに基づく需要予測がされるべきだと改めて思った。

景気の動向等が身近にわかる

4半期でみると最終4半期は収益がV字回復したとのことで業種によって差異はあっても、茅ヶ崎市の法人市民税収入もアップするのではと期待した。その業種の今後について知ることは楽しい、今後の目の付け所が変わる。コスト削減の方法は市政にも反映できることだった。

株主になって意見を言うことは世の中を変えることにつながる

株主総会には様々な方が参加していてとても面白いです。仕事で参加できない方が多いと思いますが、参加できる方は参加しましょう。茅ヶ崎市に関係のある企業の株を買うのも良いかもしれないと感じました。

浄見寺の桜を昨日見に行きましたが、まだでした。見事な枝垂桜は茅ヶ崎市内です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です