落札率99.92%

中海岸の複合施設の落札者決定が議案として出ています。

入札に参加したのは2グループ。

落札者はいつも同じ亊業者の茅ヶ崎市の大型公共工事の現状

★ 平成21年4月30日  茅ヶ崎市屋内温水プール建て替え(建築)工事→亀井工業
決定価格 4億6500万円(対予定価格 99.50%)

★ 平成25年10月23日茅ヶ崎市役所新庁舎建設工事→亀井工業
決定価格  65億7千万円(対予定価格 98.72%) 価格では大成建設(株)横浜支社が約3億円安かった

★平成26年4月24日(仮称)松浪地区地域集会施設建設(建築) →亀井工業
決定価格  3億2980万円(対予定価格 99.76%)

★平成26年4月10日(仮称)柳島スポーツ公園整備事業→亀井工業
決定価格(税込)  74億8758万4416円(対予定価格98.77%)

~ミズノが亀井工業(株)より約三億円安いのに負けた!!~

★(仮称)茅ヶ崎ゆかりの人物館工事→亀井工業
決定価格 2862万円 (対予定価格97.50%)

★(仮称)茅ヶ崎公園体験学習施設建設工事(中海岸の複合施設)⇒工藤・亀井特定建設工事共同企業体

決定価格(税込)9億2232万円(対予定価格99.92%)

平均落札率は99.03%

上記にあげた温水プール、市役所、松浪コミュニティーセンター、(仮称)柳島スポーツセンター、ゆかりの人物館、今回の議案の中海岸の複合施設のすべては同じ事業者が落札しており、平均落札率は99.03%となる。

落札率の公表

長崎県の28年度建築課建築工事一式24件の平均落札率は92.2%

京都府33機関の平成28年8月1日~平成28年11月30日の一般競争入札合計の平均は89.3%

全国市民オンブズマン連絡会議では、真の競争入札(一般競争入札)が行われると落札率が80%台以下になると考え、根拠も示している。

茅ヶ崎市民文化会館耐震補強及び改修(建築)工事⇒大成建設株式会社が30億5208万円で落札(対予定価格99.63%)

平成29年3月23日議事録より抜粋・・議会最終日に追加議案として委員会審査なく本会議で審議された。以下、松島の質問

入札に参加した事業者は2社だけということで、入札事業者が少ないと思います。今使っている新庁舎ですが、昨年1月から使っている現新庁舎については、今回落札者となった大成建設株式会社の横浜支社は総合評価方式による評価で落札者となれず、今回2位になった戸田建設株式会社は戸田建設・亀井工業特定建設工事共同企業体として落札者となったものです。今回、2社だけの入札の参加事業者ということなんですが、参加事業者が少なかったという原因についてはどのように担当課としては分析されているのか、お答えいただきたい。

入札参加者が少ない茅ヶ崎市

3月議会で出された上記の文化会館耐震補強工事は2社のみが参加。今回の中海岸複合施設も2つの共同企業体のみが参加した。入札参加者が少ない理由を3月議会で質問したが、「昨今の社会情勢や工事の特性によるもの」とのことだった。今回はどのように分析しているのか本日の総務常任委員会で―質問があったが明確な回答は無かった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。