雇用促進住宅購入断念の理由

どんなことをしても買えない財政難

髙田にある雇用即時住宅を独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)より茅ヶ崎市は購入することを進めていたが今年1月半ばに突如断念した。その理由は耐震性と説明があった。

今まで数年かけて購入に向けて準備を進めてきた。私は当初から購入には反対だったが数年前の当初の説明資料は保存していた。

1枚目に「耐震補強、改修済み」と明記している。なので、建物ごと購入したいという説明だった。

今回の断念理由(行政の説明)「耐震性に問題がある。URへ耐震補強工事をするに要請したが拒否され、あくまでも現状のままでの販売ということだったので購入できない。」

では、この資料は確認もせずな作成したという事なのであろうか?

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。