服部市長の突然の訃報に際して

心からご冥福をお祈りいたします

本当にびっくりしました。お亡くなりになった当日、突然朝早く事務局長から代表者会議開催についての緊急連絡がありました。9時からの開催でしたが、その少し前にお亡くなりになりました。

議会では意見が全く違ったが・・・

9月議会でふっと、長い年月が経ってお互いに歳をとったら「あの時にはさんざんやり合ったね。」とお茶することが出来るかも・・・。と思いました。

それは本日、公開される映画『日日是好日』の原作本『日日是好日-「お茶」が教えてくれた15のしあわせ-』森下典子著を読んだことによります。私も横浜でお茶を習っていました。作家の方とは三渓園などでのお茶会ですれ違っていたかもしれません。

「暗くつらい時代があったとしても長く生きることの大切さをお茶は教えてくれる」そんな内容だったと思います。

市役所建て替え反対は聞き入れられず住民投票もなく建て替えられ、柳島スポーツ公園の事業者選定について反対したが全く効果なし、今は道の駅・・・・と、意見を出したらまちを変えることができるという気持ちは木っ端みじん。しかし、長い時代で俯瞰的にみるとどうなんだろう?と思ったら、そのうち歳をとったら、服部市長とも少し仲良くお茶ができるかもと思ったのです。

全国都市問題会議へ

11日、12日は長岡市で開催された全国都市問題会議へ行きました。少し迷ったのですが、①この会議は人気がある会議であり、抽選で出席出来ることになったのでキャンセルすると主催者のみならず他の方にもご迷惑をかけること。②市民のためにはこの会議へ出席する方が役に立てると考えた。ので長岡市へ行ってきました。

地方分権、中央集権について歴史を追って考える内容の基調講演はとても素晴らしく考えさせられました。報告も早く書きます。

最後のお別れのため安置されている葬儀場へ

10日に最後のお別れに行きました。17時半ごろだったりで、市の職員も多数最後のお別れに来ていました。並んで最後のお別れをしました。

議会では意見を戦わせましたが、こんなに早くご逝去されたことは残念です。歳をとってお茶することもできなくなりました。

弔電をお送りしました。合掌

 

突然の悲しいお知らせに接し、謹んでお悔やみ申しあげます。
服部市長のご就任時から議会では時に激しい論戦を繰り広げ意見の違いをぶつけ合ってきました。しかし、一人の人間としては温厚なお人柄で包容力があり、職員にも慕われている事を承知していました。人生の晩年では笑いながら昔話が出来るだろうと想像していました。しかし、それはかなわない夢となり残念でなりません。
本来ならば参列すべきところでございますが、全国都市問題会議出席のため長岡市ですのでお伺いできないことをどうぞお許しください。在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。